ホーム  >  事業内容:J-SOX(内部統制) : 支援サービス

内部統制の目的とコンサルティングサービス概要

近年における企業の数々の不祥事から「コーポレートガバナンス」という語句がクローズアップされてきました。
わが国でも2006年施行の会社法をはじめとして、内部統制の構築が求められています。
特に上場企業にあっては、金融商品取引法により2008年4月以降開始の事業年度から、自社の財務報告に係る内部統制を経営者が評価・報告し、また外部監査を受ける義務が生じます。
内部統制の目的には以下に挙げる四つの目的があります。

内部統制の基本的枠組みにおける目的
1.業務の有効性及び効率性
事業活動の目的達成のために業務の有効性及び効率性を高めることをいう。
2.財務報告の信頼性
財務諸表及び財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性のある情報の信頼性を 確保することをいう。
3.事業活動に関わる法令等の遵守
事業活動に関わる法令やその他規範の遵守を促進することをいう。
4.資産の保全
資産の取得、使用及び処分が正当な手続き及び承認の下に行われるよう、資産の保全を図ることをいう。

また、内部統制の構成要素としては以下の六つが挙げられます。

内部統制の基本的枠組みにおける構成要素
1 .統制環境
2. リスクの評価と対応
3. 統制活動
4. 情報と伝達
5. モニタリング
6. ITへの対応

SOHOフレームワークにおけるITの位置付け

内部統制はその目的に向かって、構成要素に沿って構築することになります。
このような状況から、弊社では早くから内部統制支援に対する専門部隊を立ち上げ、様々な業種、規模の企業様に対応してまいりました。
今後は上場企業だけでなく、全企業に対して内部統制の確保が拡大していくものと考えられます。

是非、この機会に弊社チームを御社の内部統制対応にお役立て頂ければ、幸いです。
弊社の提供するサービスは以下をご覧下さい。

弊社の提供する内部統制支援サービス

事前診断

内部統制の構築前に診断を行い、問題点の洗い出しや改善に対する助言などのサービス。

教育・研修

内部統制の構築に際し、内部統制制度や構築に関しての教育・研修サービス。

構築支援

全社的統制、IT全般統制、業務処理統制(IT、決算・財務プロセスを含む)の統制構築支援、各種テンプレートの提供、文書化要員の提供サービス。

整備状況に関する評価支援

統制が正しく整備されているかを作成された文書を通して、整備状況の評価支援サービス。

運用状況に関する有効性評価支援

統制が意図された設計通り正しく運用されているかの有効性評価の支援、内部統制報告書作成支援サービス。

改善・効率化支援

内部統制の構築に加え公正かつ独立の立場で助言・勧告を行う機関(内部監査部門)の機能強化の支援サービス。